戦国逸話に学ぶ自分や人の動かし方

戦国時代を生きた武将がどうやって自分や人を動かしたか?戦国逸話から読み解き私たちの仕事や人間関係に生かすヒントを探ります。

成果の大きさを思量して行動する 本多忠勝

こんにちは丘田両兵衛です。
戦国時代を生きた武将の己や人の動かし方を
逸話を通して読み解いていきます。


職場を見渡してみて
仕事はできるけど
自分で抱えて何でもやってしまう人。


いますよねぇ。


逆にうまく人に仕事を振って
任せられる人もいます。


さて、あなたはどちらでしょうか。


今回取り上げるのは
本多忠勝
の逸話です。

 

f:id:sengokuituwa:20180530030831j:plain


忠勝は徳川家康の家臣で
酒井忠次、榊原康政、井伊直政とともに
徳川四天王の一人として知られます。


穂先に止まったトンボが切れた逸話のある
名槍・蜻蛉切を使い
生涯57度の合戦で
傷一つ負わなかったそうです。驚きです。


また、こんな狂歌で賞賛されました。

 

「家康に過ぎたるものが二つあり
 唐の頭に本多平八」

 

唐の頭(からのかしら)とは
中国から輸入された
ヤクの毛をあしらった貴重な兜のこと
そして、本多平八とは
本多平八郎つまり忠勝のこと


そんな家康にはもったいない
とまでいわれた忠勝が
ある時、物事を考える人が功名を上げるのか
腕にものをいわせて戦う人が功名を上げるのか
と尋ねられてこう答えました。

 

思量無き人も、思量ある人も

ともに功名するなり、

思量ある人の功名は士卒を下知し、

大なる功名を遂げるものなり

 

逆に思量なき人は槍一本の手柄にとどまる
ということですね。


有能で仕事ができる人ほど
自分でやってしまった方がいいよって
抱えてしまうかもしれません。


でも、よく考えて周りの人を
巻き込んだ方が実は
より大きな成果が得られるんですよ
ということでしょうか。


己の武功という小さなもののためでなく
家康と供に戦乱の世を終わらせ
260年にもおよぶ江戸時代の礎を築いた
忠勝らしい言葉かもしれませんね。

 

f:id:sengokuituwa:20180530031022g:plain