戦国逸話に学ぶ自分や人の動かし方

戦国時代を生きた武将がどうやって自分や人を動かしたか?戦国逸話から読み解き私たちの仕事や人間関係に生かすヒントを探ります。

躊躇している自らを突き動かす言葉 

こんにちは、両兵衛です。


今回ご紹介する戦国逸話は、
他人を動かす云々ではなく
自分自身、自らを動かすための
言葉をご紹介します。

 

以前の記事でほんの一部分を
ご紹介したこともありましたが


「春日山城壁書」


といわれるものです。

 

春日山城というのは
越後(新潟県)にあった
上杉謙信の居城です。


その城内に掲示されていた文書ですので
謙信からの教訓といえるものです。

 

 

運は天にあり
鎧は胸にあり
手柄は足にあり


何時も敵を掌にして合戦すべし
疵つくことなし


死なんと戦えば生き 
生きんと戦えば必ず死するものなり
家を出ずるより帰らじと思えばまた帰る
帰ると思えばぜひ帰らぬものなり


不定とのみ思うに違わずといえば 
武士たる道は不定と思うべからず
必ず一定と思うべし

 

 

読んでみてなんとなくは
意味もわかるとは思うのですが
ちょっとわかりづらいかな
というところもありますよね。

 

大河ドラマ「風林火山」では
少し言葉がアレンジされたバージョンが
使われていてこちらの方が
わかりやすいのでご紹介します。

 

GACKTさん演じる上杉謙信が
ライバル武田信玄との
川中島の合戦に臨む前に
家臣たちの前で語る姿が
ものすごくカッコイイのです。

 

 

運は天にあり
鎧は胸にあり
手柄は足にあり


何時も敵を掌中にして合戦すべし
死なんと戦えば生き 
生きんと戦えば必ず死するものなり


運は一定にあらず
時の次第と思うは間違いなり


武士なれば
われ進むべき道はこれほかなしと
自らに運を定めるべし

 

 

少し自分たち寄りに内容を
解釈してみました。


運は天が決めること
自分を守るものは経験や学び、志である
結果が欲しければ行動すべきである


いつも自分の得意分野で戦うべきである
必死で戦えば成功し、
逃げ腰で戦えば必ず失敗する


運は決められたものではなく
周期的なものと思うのは間違っている


自分の道は自分で決めて進むべきである


といったところでしょうか。

 

いつも春日山城壁書を見ると

身が引き締まります。


ちなみにこれを書いている時点では
GACKT謙信の勇姿は
YouTubeでも「川中島へ出陣じゃ」
で見られるようです。

 

f:id:sengokuituwa:20170625191038g:plain