戦国逸話に学ぶ自分や人の動かし方

戦国時代を生きた武将がどうやって自分や人を動かしたか?戦国逸話から読み解き私たちの仕事や人間関係に生かすヒントを探ります。

天才信長流 桶狭間でみせたここぞの場面でチーム一丸とする言葉

こんにちは、両兵衛です。


会社でもスポーツでも
チーム一丸とならないといけないとき
部下に、メンバーにどんな言葉を掛けていますか。


やって当たり前、だけでは人は動きませんし、
逆に自分の手柄ばかりを考えることもあるでしょう。


そこで今日ご紹介する戦国逸話は
ご存じ織田信長です。

 

f:id:sengokuituwa:20180510034327g:plain

 

信長の最も有名な戦いといえば

桶狭間の戦い

といっても過言ではないでしょう。


今川義元率いる2万5千ともいわれる大軍に
織田軍はわずか2~3千の軍勢で勝利した戦いです。


以前は、窪地で休憩する今川軍に
迂回した織田軍が奇襲をかけて
勝利したと言われてきました。


最近では窪地への迂回奇襲攻撃ではなく
おけはざま山に陣取る今川本陣への

正面攻撃という説が有力ですが、
いずれにしろ信長の名を世に知らしめた
戦いであることに間違いありません。

 

 


少数の織田軍が今川軍を打ち破るには
一丸となって挑まなければなりません。


今川軍に攻撃を仕掛ける直前に
信長が兵士たちを鼓舞した言葉が
「信長公記」という資料に載っていますので
少し台詞っぽくしてみます。

 

皆、よく聞け!
今川の者どもは宵に腹ごしらえをして夜通し行軍し、
大高城へ兵糧を入れ、鷲津・丸根の砦に手をやき、
疲れ切っている者どもである。

それに対しこちらは新手の軍勢である。
しかも、少数とはいえ多数の敵を恐れることはない。
勝敗の運は天にある。というのを知らぬか。

敵が攻めかかってきたら引き、敵が退いたら追うのだ。
どんなことがあっても敵をおおい倒し、追い崩す。
たやすいことだ。

(敵の首や武器など)分捕りはするな、うち捨てにせよ。

この戦に勝ちさえすれば、
ここにいる者は家の名誉、末代までの高名であるぞ。
ひたすら励め!

 

ポイントは「分捕りはするな、うち捨てにせよ」
ここからだと思います。


現代の私たちから見れば残酷なことですが、
兵士たちは名のある武将の首や武器を
取ることで手柄の証にしました。


しかし、少数で大軍を打ち破るには
そんな手間のかかることを
している余裕はありません。


個々の手柄より全体の利益のために
効率よく兵士たちを戦わせるために考えた
信長らしいことばではないでしょうか。

 

ちなみに信長は最初に
これから攻め込む今川軍は
疲れていると言っていますが
実はこれ、信長の勘違いなのです。


信長がこれから攻めかかる今川本陣と
大高城へ兵糧を入れ、
鷲津・丸根の砦を陥落させた今川軍は
完全に別部隊だったのです…。


現代のように空撮して
どこにどの部隊がいて
なんて情報が入る時代ではありません。
こういう勘違いは
起こりやすかったのだと思います。


ただ、もし、もしも
信長が実は別部隊だということを知っていて、
大軍を前にした兵士たちの士気を挙げるために
敢えて言ったのだとしたら…。
なんて考えるのもおもしろいかもしれませんね。