戦国逸話に学ぶ自分や人の動かし方

戦国時代を生きた武将がどうやって自分や人を動かしたか?戦国逸話から読み解き私たちの仕事や人間関係に生かすヒントを探ります。

リーダーの視線の先にあるもの 家康の戒め

こんにちは、両兵衛です。
 
リーダーであるあなたは
部下、後輩へ指示を出すとき
どの位置でなにを見て
ているでしょうか…。
 
今回ご紹介する戦国逸話は
徳川家康の言葉です。
 

f:id:sengokuituwa:20170315040705g:plain

 
一軍の将たる者は、
味方諸人の
ぼんのくぼばかり見て居て
合戦に勝てる者にてはなし。
 
ぼんのくぼとは
後頭部から首すじにかけての
中央のくぼんだ所のことです。
 
軍を率いる者が、
味方の兵の首の後ろばかり
見ているようでは、
戦いに勝つことはできない。
という意味になります。
 
さらに、今時の大将は
軍法について評議した後は
椅子に腰掛けて
口先だけで采配を振るえば
合戦に勝てると思っているが
それは大きな間違いであると
戒めています。
 
つまり上に立つ者は、
時には自ら前線に立って
指揮するべきであると。
 
そんなリーダーシップが
必要だと家康は言っている
のではないでしょうか。
 
提出された報告書や
数字だけを見て
ああしろこうしろと
言うだけではなく
現場を知るリーダーで
ありたいものですね。