戦国逸話に学ぶ自分や人の動かし方

戦国時代を生きた武将がどうやって自分や人を動かしたか?戦国逸話から読み解き私たちの仕事や人間関係に生かすヒントを探ります。

天才軍師流 頼みづらい同僚を動かす方法

あなたには仕事の依頼や指示しづらい同僚はいますか?

そもそも相性が良くないんだ。

年上の部下でどうもやりづらい。

上司の話は聞くが自分の話は聞いてくれない。

 

いろいろ理由はあるでしょうが
反発されそうで頼みづらい相手っていますよね。

 

そうはいっても仕事を滞らるわけにはいかないので
依頼や指示をしないといけません。


今回の戦国逸話では
天才軍師として語られることの多い

竹中半兵衛の
人の動かし方をご紹介します。

 

豊臣秀吉の軍師といえば
「軍師官兵衛」として大河ドラマにもなった

黒田官兵衛が知られていますが
もう一人有名なのがこの半兵衛です。

 

 

f:id:sengokuituwa:20180321231602g:plain

 

半兵衛は戦場で兵の配置が気に入らないと
主君である秀吉の命令を待たず
に位置を変えさせていたといいます。

 

とある合戦で、秀吉軍として参加した
ある大名が自分の家臣にこう言いました。

 

「いつも半兵衛に配置を変えさせられて
 気に入らん。今日こそは変えんぞ」

 

そこへ半兵衛が馬でやってきて
何か察したのか

少し離れたところでおりました。
もの静かに歩みより
手を膝について言いました。

 

「貴殿の兵の配置も旗の立て方も
 まことに見事で感じ入りました」

 

とほめたので、その大名は嬉しそうに

 

「秀吉殿へよろしくお伝えください」

 

と言うと、半兵衛がこう言いました。

 

「秀吉様のお考えでは、
 足軽をもっとこちらへ、
 旗をあちらへ備えたなら
 ますますよくなるとのことでございます」

 

「それはごもっとも」

 

とその大名は半兵衛の言ったことに
従って配置を変えました。

 

半兵衛が立ち去った後に
その大名は苦笑いをして家臣にこう言いました。

 

「しかし、半兵衛の命令だとわかっていても、
 背くことができないように
 しむけてくるものだな」

 

 

今ではあまり使われないかもしれませんが

「知らぬ顔の半兵衛」という慣用句があります。

 

知らないふりをして取り合わない

どちらかというと冷淡な者のことを指すようです。

 

反発しようとしてくる相手に

私たちが相手を否定することから
入ってしまえばこじれるばかりです。

 

冷淡かどうかは別として

反発しようとしているところは「知らぬ顔」で

相手のすることをまずは認めることから
始める必要があるということでしょうね。

 

さらに半兵衛は上司である
秀吉の考えだとして
自分の考えを相手に受け入れさせています。

 

相手が受け入れやすく
周りへの示しもつく理由や状況を
作ってあげていると考えれば

それはうまいやり方といえますね。

 

もっとも逸話の最後では

相手もそのあたりはちゃんとわかっていたようですが。