リーダーが知っておくべき決断と行動の戦国逸話

起業家、経営者、グループ長、チームキャプテンなどリーダー、サブリーダーに必要なことは戦国武将たちの逸話に詰まっています。

リーダーが自ら示すもの凄い覚悟 - 上杉謙信 -

上杉謙信といえば

戦に強い武将として知られています。

 

f:id:sengokuituwa:20170625185358g:plain

 

その謙信の居城である

越後の春日山城には

壁書が掲げられていました。

 

f:id:sengokuituwa:20170625190637j:plain

f:id:sengokuituwa:20170625190648j:plain

 

壁書というのは今でいうと

会社やチームのために張り出された

スローガンのようなものでしょうか。

その一部にこんな言葉があります。

 

死なんと戦えば生き

生きんと戦えば

必ず死するものなり

 

最初から守りに入って

戦いに臨むのではなく、

死ぬ覚悟で臨むからこそ生きられる。

 

こうして部下たちを鼓舞する

上杉謙信は戦には

先頭に立ち臨んだといいます。

 

自分のことを毘沙門天の

化身だと思い込んでいた

というので、またなんとも凄い…。

 

 f:id:sengokuituwa:20170625191038g:plain

 

謙信といえば川中島の戦いで

武田信玄との一騎打ちが有名です。

実際は無かったのではと言われますが、

リーダーとして先頭に立ち

戦ったからこそ生まれた逸話です。

 

そんな姿があるから

この壁書の言葉が覚悟として伝わり、

上杉軍は戦国でも1、2を争う強さを

誇ったのではないでしょうか。

 

リーダーとして周りに

どんな覚悟を示せているか。

一度省みることも必要ですね。