リーダーが知っておくべき決断と行動の戦国逸話

起業家、経営者、グループ長、チームキャプテンなどリーダー、サブリーダーに必要なことは戦国武将たちの逸話に詰まっています。

私と家康と信玄と長男

忙しい日常を送っていると

一息ついたときに家族、とくに子どもに

癒されるということがあります。

(とくに最近は…)

 

いろいろな親子関係が存在すると思いますが

そんな中で父親と長男の関係というのは

なかなか微妙なものがあるなと実感しています。

私自身は親にとって長男であり、

私には男の子がいます。

 

そこで戦国時代のあの有名武将と

長男について思いついたことを書いてみます。

 

 

大河ドラマ『おんな城主 直虎』では

三河のぼんやり」として描かれてている

徳川家康

 

f:id:sengokuituwa:20170315040705g:plain

 

家康の跡を継ぎといえば

学校の教科書にも出てくる

江戸幕府2代将軍・秀忠です。

大河ドラマ真田丸』では

星野源さんが徐々に成長する秀忠を

演じていましたね。

 

ところで秀忠というのは家康の三男です。

では、そもそも長男はどうしたのでしょうか。

 

家康には正室・築山殿との間に

長男・信康がいました。

 

将来を期待されていましたが、

家康と同盟関係にあった信長との

共通の敵である武田家に内通した

との疑いをかけられました。

 

同盟関係とはいえ立場上は

信長の方が上です。

信長の命令には逆らえません。

徳川四天王酒井忠次を信長のもとに送りましたが

どうもまともに弁明もできなかったらしく、

家康は信康を切らざるをえなくなりました。

 

一説には家康と信康との不仲で対立関係にあった

というのが原因だという話もありますが、

いずれにせよ家康は長男を失いました…。

同じ年に秀忠が生まれています。

 

 

もう一人思い浮かんだのが武田信玄

f:id:sengokuituwa:20170315041336g:plain

信玄の跡継ぎと言えば武田勝頼

真田丸』では物語の序盤に

滅び行く武田家当主の悲しさ に思わず涙しました。

 

その勝頼は信玄の四男です。

では、信玄の長男はどうしたのか。

 

信玄の長男は義信という人でした。

義信は信玄に対する謀反が発覚して

2年の幽閉の後に亡くなります。

病気だったとも自害だったともいわれます。

 

理由ははっきりしませんが

当時、信玄が攻めようとしていた駿河・今川家は

武田家と同盟関係にあり、

義信の正室は今川の姫でした。

そのあたりから信玄との関係がこじれたとも

いわれています。

 

そもそも信玄も父・信虎を追放して甲斐国主になりました。

信虎が暴君で、

不満をもつ家臣に信玄が担がれたとか、

 信虎は次男の信繁を可愛がり

信玄の代わりに後を継がせようとしていたからとか、

まあ理由はいろいろいわれています。

 

信玄といえば武田二十四将と言われる家臣団や

「人は城 人は石垣 人は堀 情けは味方 仇は敵なり」

といった言葉のように人間関係を作るのは上手そうな

イメージがありますが、家族関係は先に書いたように

父親を追放し、長男を死に至らしめたように

上手とは言い難いことになりました。

 

父親と長男という関係。

尊敬だったり反発だったり

いろいろな感情が私はありました。

 

これから子どもはあのときの自分のように

難しい年頃をむかえていきます。

家康と信康、信玄と義信の時代とは違いますが、

父親と長男の両方の立場のわかる私が

どうにか乗り換えるしかないのでしょうね。

 

長男だった私の父親が、長男の私に接したように。