読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結局やるかやらざるか ~戦国逸話が教えてくれたこと~

戦国武将の逸話が教えてくれたこと、それは…

すぐやる人、考えてからやる人

やるかやらざるか
「あなたは頭がいいので、
 物事をすぐに見極め即断即決で
 行動できるが、後悔することも
 あるでしょう。
 わたしはあなたほど頭がよくないので、
 時間をかけ是非を十分検討したうえ
 決断するので、後悔は少ないのです」
 
中国地方10カ国以上を治めた戦国大名
毛利元就の三本の矢の逸話は
有名かと思います。
 
元就が死の間際、病床に三人の息子たちを
呼ぶわけですよね。
隆元、元春、隆景の三人に
一本ずつ矢を折らせ
次に三本では簡単に折れない。
だから兄弟仲良く助け合っていけと。
 
このうち小早川家に養子に入ったのが
三男の小早川隆景です。
 

f:id:sengokuituwa:20170216073859g:plain

 
ちなみにこの逸話、実は状況としては
ありえなくて後世の創作と言われています。
 
まず元就よりも長男、隆元の方が
8年も早く亡くなっている。
元就の最期のとき、
次男、元春は出陣していたとかなんとか。
 
ただ、矢の話は出てこないですが、
元就の書状に兄弟協力するようにと
心配して書いてあったことは確かなので、
他の逸話と混ざって
できたのが三本の矢の逸話のようです。
 
隆景は毛利家を支え、
あの豊臣秀吉からも認められた知恵者です。
秀吉の軍師・黒田官兵衛ともお互いに
認め合った関係でした。
 
官兵衛は以前書いた記事のように「敏」。
人の話や状況を見て即断即決の人。
一方で、隆景は「鈍」。
熟慮を重ね行動して毛利家を守りました。
 
そんな隆景があるとき
官兵衛に語ったことばが冒頭のもの。
 
二人の関係やこのことばが
黒田家の資料にあることから
隆景が官兵衛に嫌みを込めたものでは
ないでしょう。
むしろ官兵衛の危うさみたいなものを
感じていたのかもしれません。
ときには熟慮することも必要ですよと。
 
官兵衛のようなタイプ、
隆景のようなタイプ、
人それぞれあろうかと思います。
 
私はどちらかといえば
隆景のようにまず考えるタイプなので
官兵衛のようなすぐやる人に憧れます。
 
ただそれで官兵衛のように
すぐやれずに自分を責めるくらいなら
十分に考えたんだからと
行動を起こす隆景を手本にする方が
向いているのかもしれません。
 
大切なのは考えてからでいいから
行動すること。
 
隆景が亡くなったとき官兵衛は
この国から賢人がいなくなったと
悲しんだそうです。