リーダーに知ってほしい戦国逸話 ~武将の決断と行動~

戦国武将の逸話が教えてくれたこと、それは…

ときになりふり構わず

『草履片々、木履片々』

 

秀吉の軍師として知られる黒田如水

大河ドラマ軍師官兵衛」もあり

黒田官兵衛の名前の方が

知られているかもしれませんね。

 

f:id:sengokuituwa:20161011194727j:plain

 

信長が討たれた本能寺の変が知らされたとき

官兵衛は秀吉とともに備中高松城

今の岡山県で毛利氏と対峙していました。

 

狼狽する秀吉に向かって官兵衛は


「ご運が開けてまいりました」

 

といったという逸話もあります。

とにかくここは急いで京へ取って返し

明智光秀を討つべきだと進言したといいます。

世に言う中国大返しがはじまるわけですね。

 

天王山で知られる山崎の合戦で光秀を破った

秀吉は天下人へ昇りつめていきます。

 

冒頭の言葉は、後に官兵衛の息子・長政へ

語った言葉といいます。

 

木履(ぼくり)とは下駄のことですが、

つまり片足が草履で、

もう片方が下駄であっても

なりふり構わず

走り出さなければならないときがある。

 

不完全であっても

機を捉えて飛び込む勇気を持て。

と息子に語ったそうです。

 

チャンスはピンチの仮面を被って

やってくるともいいます。

 

熟慮を重ねないとなかなか行動を

起こせないことが多いですが

そんなときにはつぶやくようにします。

 

「ぞうりかたがた、ぼくりかたがた」

 

と。