リーダーに知ってほしい戦国逸話 ~武将の決断と行動~

戦国武将の逸話が教えてくれたこと、それは…

60点を目指せ!武田信玄の勝負に対する考え方

武田信玄というとどんなイメージでしょうか。

 

 f:id:sengokuituwa:20170309084340j:image

 

風林火山の旗のもと騎馬隊を駆使して

戦国最強の武田軍を率いたとか

(騎馬隊の存在有無はおいておくとして)

 

あの織田信長が直接対決を避けようと

下手に出ていたとか

 

徳川家康が三方ヶ原で信玄に惨敗して

馬上で脱糞するほど恐れて逃げた逸話とか

 

まあ、信玄の凄さを伝える逸話が

数多く残っていますので、

常勝不敗の名将くらいなイメージを

持っている人もいるかもしれません。

 

しかし、信玄は勝負に関して

こんな考え方を持っていたようです。

 

 

勝負の事、

十分を六分七分の勝は十分の勝なり、

子細は八分の勝はあやふし、

九分十分の勝は味方大負の下地なり

 

 

勝ちすぎると危険の兆候であったり、

味方が大敗する下地になるといっています。

 

 

若い頃は勝ち続けていたかもしれませんが、

上田原の戦いや、

砥石崩れといわれる砥石城の攻防戦では

信玄は大敗し多くの家臣を失っています。

 

こういう経験からでしょうか。

勝って兜の緒を締めよといいますが、
勝ちすぎないことで
勝つ事の油断を戒めてますね。

 

六分七分が十分の勝ちである。

つまり60点というのが

一番いい点の取り方であると

言い換えることができるかもしれません。

 

完璧主義で100点でなければとこだわって

身動き取れなくなることはないでしょうか。

 

60点取るために何をすればいいか?

残りの40点なんだから、

やらなくてもいいことは何なのか?

 

自分のこととして考えてみたいものです。

 

戦というのは引き分けかな

というのも多いようで

記録にもよるのですが、

信玄の勝率はほぼ60パーセントなんだそうです。