戦国逸話に学ぶ自分や人の動かし方

戦国時代を生きた武将がどうやって自分や人を動かしたか?戦国逸話から読み解き私たちの仕事や人間関係に生かすヒントを探ります。

信長

誰の何のために裏切るのか 明智光秀

こんにちは、丘田両兵衛です。 戦国武将たちが どうやって己や人を動かしたか 今に活かす逸話をご紹介しています。 今回は行動を起こす 理由、動機について取り上げてみます。 仕事でもなんでも、何のために なぜするのか、は大切なことです。 そこで登場し…

天才信長流 桶狭間でみせたここぞの場面でチーム一丸とする言葉

こんにちは、両兵衛です。 会社でもスポーツでもチーム一丸とならないといけないとき部下に、メンバーにどんな言葉を掛けていますか。 やって当たり前、だけでは人は動きませんし、逆に自分の手柄ばかりを考えることもあるでしょう。 そこで今日ご紹介する戦…

良いとか悪いとかそういうことじゃなく…

「是非に及ばず」 これは小説、映画、ドラマなどで 何度も描かれてきた本能寺の変で 織田信長が最期に話したことばです。 太田牛一という信長の側近が残した 『信長公記』という資料にあります。 一言でいうと 「しかたない」とか「やむをえぬ」 と訳されま…