人を動かすコミュニケーションで読み解く戦国逸話

経営者と社員、上司と部下、同僚、後輩といった職場の人間関係で人を動かすためのコミュニケーションとは?という視点で戦国武将の逸話をご紹介していきます。

上司と部下

リーダーの視線の先にあるもの 家康の戒め

こんにちは、両兵衛です。 リーダーであるあなたは 部下、後輩へ指示を出すとき どの位置でなにを見て ているでしょうか…。 今回ご紹介する戦国逸話は 徳川家康の言葉です。 一軍の将たる者は、 味方諸人の ぼんのくぼばかり見て居て 合戦に勝てる者にてはな…

怒鳴る上司、落ち込む部下、その間に挟まれる者の立ち振る舞い方

こんにちは、両兵衛です。 あなたの上司があなたの同僚、部下、後輩を怒鳴っているとき お互いのためにそろそろやめさせた方がいいんじゃないかなと思うような状況。 間に挟まれているあなたはどのように立ち振る舞うでしょうか。 今回ご紹介するのは、徳川…

意見を聞く耳がありますか 名将への諫言

こんにちは、両兵衛です。 職場であなたに意見する人はいますか。 上司がいれば耳の痛い話をしてくることもあるでしょう。 しかし、あなたが仕事もでき波に乗っているリーダーであるなら意見してくる人は少ないのではないでしょうか。 今回ご紹介するのは武…

歴戦の勇将が語る 部下の出来が悪いわけ

あなたがいつも使えないヤツだ と大声で嘆いている部下。 どうしてこうも仕事の出来が 悪いのでしょうか。 どんな目的か理解せず 言われたことをやっているだけ? きっとそうなのでしょう。 そのやり方だとどうなるか想像力が足りない? それもまたそうなの…

適所を見つけるのもリーダー - 堀秀政 -

堀秀政という武将がいます。 信長の側近として頭角を現し 秀吉にも気に入られて 越前北ノ庄(今の福井市)を治めました。 上は肖像画をもとにしたイラストですが 38歳の若さで亡くなった人のわりに なぜこの老けた肖像画だったんだろ…。 自ら描いた自画像だ…