読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結局やるかやらざるか ~戦国逸話が教えてくれたこと~

戦国武将の逸話が教えてくれたこと、それは…

私と家康と信玄と長男

忙しい日常を送っていると

一息ついたときに家族、とくに子どもに

癒されるということがあります。

(とくに最近は…)

 

いろいろな親子関係が存在すると思いますが

そんな中で父親と長男の関係というのは

なかなか微妙なものがあるなと実感しています。

私自身は親にとって長男であり、

私には男の子がいます。

 

そこで戦国時代のあの有名武将と

長男について思いついたことを書いてみます。

 

 

大河ドラマ『おんな城主 直虎』では

三河のぼんやり」として描かれてている

徳川家康

 

f:id:sengokuituwa:20170315040705g:plain

 

家康の跡を継ぎといえば

学校の教科書にも出てくる

江戸幕府2代将軍・秀忠です。

大河ドラマ真田丸』では

星野源さんが徐々に成長する秀忠を

演じていましたね。

 

ところで秀忠というのは家康の三男です。

では、そもそも長男はどうしたのでしょうか。

 

家康には正室・築山殿との間に

長男・信康がいました。

 

将来を期待されていましたが、

家康と同盟関係にあった信長との

共通の敵である武田家に内通した

との疑いをかけられました。

 

同盟関係とはいえ立場上は

信長の方が上です。

信長の命令には逆らえません。

徳川四天王酒井忠次を信長のもとに送りましたが

どうもまともに弁明もできなかったらしく、

家康は信康を切らざるをえなくなりました。

 

一説には家康と信康との不仲で対立関係にあった

というのが原因だという話もありますが、

いずれにせよ家康は長男を失いました…。

同じ年に秀忠が生まれています。

 

 

もう一人思い浮かんだのが武田信玄

f:id:sengokuituwa:20170315041336g:plain

信玄の跡継ぎと言えば武田勝頼

真田丸』では物語の序盤に

滅び行く武田家当主の悲しさ に思わず涙しました。

 

その勝頼は信玄の四男です。

では、信玄の長男はどうしたのか。

 

信玄の長男は義信という人でした。

義信は信玄に対する謀反が発覚して

2年の幽閉の後に亡くなります。

病気だったとも自害だったともいわれます。

 

理由ははっきりしませんが

当時、信玄が攻めようとしていた駿河・今川家は

武田家と同盟関係にあり、

義信の正室は今川の姫でした。

そのあたりから信玄との関係がこじれたとも

いわれています。

 

そもそも信玄も父・信虎を追放して甲斐国主になりました。

信虎が暴君で、

不満をもつ家臣に信玄が担がれたとか、

 信虎は次男の信繁を可愛がり

信玄の代わりに後を継がせようとしていたからとか、

まあ理由はいろいろいわれています。

 

信玄といえば武田二十四将と言われる家臣団や

「人は城 人は石垣 人は堀 情けは味方 仇は敵なり」

といった言葉のように人間関係を作るのは上手そうな

イメージがありますが、家族関係は先に書いたように

父親を追放し、長男を死に至らしめたように

上手とは言い難いことになりました。

 

父親と長男という関係。

尊敬だったり反発だったり

いろいろな感情が私はありました。

 

これから子どもはあのときの自分のように

難しい年頃をむかえていきます。

家康と信康、信玄と義信の時代とは違いますが、

父親と長男の両方の立場のわかる私が

どうにか乗り換えるしかないのでしょうね。

 

長男だった私の父親が、長男の私に接したように。

 

 

 

60点を目指せ!武田信玄の勝負に対する考え方

武田信玄というとどんなイメージでしょうか。

 

 f:id:sengokuituwa:20170309084340j:image

 

風林火山の旗のもと騎馬隊を駆使して

戦国最強の武田軍を率いたとか

(騎馬隊の存在有無はおいておくとして)

 

あの織田信長が直接対決を避けようと

下手に出ていたとか

 

徳川家康が三方ヶ原で信玄に惨敗して

馬上で脱糞するほど恐れて逃げた逸話とか

 

まあ、信玄の凄さを伝える逸話が

数多く残っていますので、

常勝不敗の名将くらいなイメージを

持っている人もいるかもしれません。

 

しかし、信玄は勝負に関して

こんな考え方を持っていたようです。

 

 

勝負の事、

十分を六分七分の勝は十分の勝なり、

子細は八分の勝はあやふし、

九分十分の勝は味方大負の下地なり

 

 

勝ちすぎると危険の兆候であったり、

味方が大敗する下地になるといっています。

 

 

若い頃は勝ち続けていたかもしれませんが、

上田原の戦いや、

砥石崩れといわれる砥石城の攻防戦では

信玄は大敗し多くの家臣を失っています。

 

こういう経験からでしょうか。

勝って兜の緒を締めよといいますが、
勝ちすぎないことで
勝つ事の油断を戒めてますね。

 

六分七分が十分の勝ちである。

つまり60点というのが

一番いい点の取り方であると

言い換えることができるかもしれません。

 

完璧主義で100点でなければとこだわって

身動き取れなくなることはないでしょうか。

 

60点取るために何をすればいいか?

残りの40点なんだから、

やらなくてもいいことは何なのか?

 

自分のこととして考えてみたいものです。

 

戦というのは引き分けかな

というのも多いようで

記録にもよるのですが、

信玄の勝率はほぼ60パーセントなんだそうです。

 

 

 

 

いつもはじめての緊張感を持て!

「武士であれば出陣のたびに

 初陣と心得るべし」

 

2017年の大河ドラマといえば

「おんな城主 直虎」ですが、

その直虎が育てた亡き許嫁の子が

徳川四天王井伊直政です。

 

井伊といえば最強の証とされる

赤い甲冑で身を包んだ赤備えが有名です。

井伊家が治めた彦根ゆるキャラ

ひこにゃんも赤い兜をを被ってますね。

 

もともと徳川軍を恐れさせた

武田信玄配下の最強部隊が赤備えでした。


武田家滅亡後、

徳川は武田遺臣や軍法を取り入れます。

井伊が赤備えを採用したことで

武田の赤備えがいかに最強で

畏敬の対象であったかがわかります。

 

その武田軍の赤備えを率いていたのが

武田四天王にも挙げられる

山県昌景(やまがたまさかげ)です。

 

f:id:sengokuituwa:20170220001712j:plain

 

こんな逸話が残っています。

あるときこう昌景は尋ねられました。


「山県隊はなぜそこまで強いのか」


すると昌景が言ったのが冒頭の言葉です。
その意味として

「訓練も大切だが、
 一番大切なのは戦に臨む心がけである。

 緊張感を持ち、油断すれば死に繋がる」

と。また、


「慎重に策を練り、勝てると思っても、

 確信しないかぎり戦わないようにしている」


とも言ったとされています。

 

仕事でもなんでもそうですが
初めての緊張感を忘れ
なんど痛い目を見てきたか…。

という心当たりってありますよね。


短くキーワードとして目につくように
しておこうと思います。

「初陣(ういじん)」

 

この逸話とはまったく関係ない話で、

こんなにカッコイイことをいう

昌景の見た目は小男で醜男だったそうです(^^;;

 

私の中では子供の頃に見た

大河ドラマ武田信玄」で

ウルトラマンタロウ篠田三郎さんが

演じていたカッコイイ昌景なんですが…。

 

昌景は、鉄砲で有名な長篠の戦いで、

軍配を口にくわえたまま奮戦し、

織田・徳川連合軍の

銃弾を馬上で浴びた最期だったといわれます。

 

信長の記録「信長公記」には

長篠の戦いで討ち取った武田家臣の

筆頭に山県昌景の名前が記録されています。

 

 

すぐやる人、考えてからやる人

やるかやらざるか
「あなたは頭がいいので、
 物事をすぐに見極め即断即決で
 行動できるが、後悔することも
 あるでしょう。
 わたしはあなたほど頭がよくないので、
 時間をかけ是非を十分検討したうえ
 決断するので、後悔は少ないのです」
 
中国地方10カ国以上を治めた戦国大名
毛利元就の三本の矢の逸話は
有名かと思います。
 
元就が死の間際、病床に三人の息子たちを
呼ぶわけですよね。
隆元、元春、隆景の三人に
一本ずつ矢を折らせ
次に三本では簡単に折れない。
だから兄弟仲良く助け合っていけと。
 
このうち小早川家に養子に入ったのが
三男の小早川隆景です。
 

f:id:sengokuituwa:20170216073859g:plain

 
ちなみにこの逸話、実は状況としては
ありえなくて後世の創作と言われています。
 
まず元就よりも長男、隆元の方が
8年も早く亡くなっている。
元就の最期のとき、
次男、元春は出陣していたとかなんとか。
 
ただ、矢の話は出てこないですが、
元就の書状に兄弟協力するようにと
心配して書いてあったことは確かなので、
他の逸話と混ざって
できたのが三本の矢の逸話のようです。
 
隆景は毛利家を支え、
あの豊臣秀吉からも認められた知恵者です。
秀吉の軍師・黒田官兵衛ともお互いに
認め合った関係でした。
 
官兵衛は以前書いた記事のように「敏」。
人の話や状況を見て即断即決の人。
一方で、隆景は「鈍」。
熟慮を重ね行動して毛利家を守りました。
 
そんな隆景があるとき
官兵衛に語ったことばが冒頭のもの。
 
二人の関係やこのことばが
黒田家の資料にあることから
隆景が官兵衛に嫌みを込めたものでは
ないでしょう。
むしろ官兵衛の危うさみたいなものを
感じていたのかもしれません。
ときには熟慮することも必要ですよと。
 
官兵衛のようなタイプ、
隆景のようなタイプ、
人それぞれあろうかと思います。
 
私はどちらかといえば
隆景のようにまず考えるタイプなので
官兵衛のようなすぐやる人に憧れます。
 
ただそれで官兵衛のように
すぐやれずに自分を責めるくらいなら
十分に考えたんだからと
行動を起こす隆景を手本にする方が
向いているのかもしれません。
 
大切なのは考えてからでいいから
行動すること。
 
隆景が亡くなったとき官兵衛は
この国から賢人がいなくなったと
悲しんだそうです。
 
 
 
 
 

ときになりふり構わず

『草履片々、木履片々』

 

秀吉の軍師として知られる黒田如水

大河ドラマ軍師官兵衛」もあり

黒田官兵衛の名前の方が

知られているかもしれませんね。

 

f:id:sengokuituwa:20161011194727j:plain

 

信長が討たれた本能寺の変が知らされたとき

官兵衛は秀吉とともに備中高松城

今の岡山県で毛利氏と対峙していました。

 

狼狽する秀吉に向かって官兵衛は


「ご運が開けてまいりました」

 

といったという逸話もあります。

とにかくここは急いで京へ取って返し

明智光秀を討つべきだと進言したといいます。

世に言う中国大返しがはじまるわけですね。

 

天王山で知られる山崎の合戦で光秀を破った

秀吉は天下人へ昇りつめていきます。

 

冒頭の言葉は、後に官兵衛の息子・長政へ

語った言葉といいます。

 

木履(ぼくり)とは下駄のことですが、

つまり片足が草履で、

もう片方が下駄であっても

なりふり構わず

走り出さなければならないときがある。

 

不完全であっても

機を捉えて飛び込む勇気を持て。

と息子に語ったそうです。

 

チャンスはピンチの仮面を被って

やってくるともいいます。

 

熟慮を重ねないとなかなか行動を

起こせないことが多いですが

そんなときにはつぶやくようにします。

 

「ぞうりかたがた、ぼくりかたがた」

 

と。

 

良いとか悪いとかそういうことじゃなく…

やるかやらざるか 信長

「是非に及ばず」

 

これは小説、映画、ドラマなどで

何度も描かれてきた本能寺の変

織田信長が最期に話したことばです。

 

太田牛一という信長の側近が残した

信長公記』という資料にあります。

 

一言でいうと

「しかたない」とか「やむをえぬ」

と訳されます。

 

信長が有能と認めて取り立ててきた

明智光秀による謀反でした。

あの光秀にら裏切るならしかたがない

だったのかしれません。

 

ここまで天下統一に向けて

やれることはやったんだからしかたがない

だったのかもしれません。

 

いずれにしても恨みごとや言い訳を

一切せず納得の最期だとしたら凄いことです。

 

振り返って、私たちはついつい

でも...

だって...

だけど...

と言ってやりもせず

言い訳ばかりしてないか。

 

「是非に及ばず」

 

"是非" 良いとか悪いとか

"及ばず" そういうことじゃなく

やるだけのことをやったんだから

結果はまあしかたない。

 

そう言えるためには

まだまだやれることはたくさんある。

信長の最期のことばが

そう教えてくれている気がします。

 

そんな戦国逸話が教えてくれたことを

これから書いていこうと思います。

          丘田 両兵衛