リーダーが知っておくべき決断と行動の戦国逸話

起業家、経営者、グループ長、チームキャプテンなどリーダー、サブリーダーに必要なことは戦国武将たちの逸話に詰まっています。

適所を見つけるのもリーダー - 堀秀政 -

堀秀政という武将がいます。

信長の側近として頭角を現し

秀吉にも気に入られて

越前北ノ庄(今の福井市)を治めました。

 

f:id:sengokuituwa:20170628054321j:plain

 

上は肖像画をもとにしたイラストですが

38歳の若さで亡くなった人のわりに

なぜこの老けた肖像画だったんだろ…。

自ら描いた自画像だったとも言われます。

 

とても有能で

器用になんでもこなした武将でした。

通称が久太郎だったことから

「名人久太郎」と呼ばれました。

 

そんな堀秀政の逸話です。

 

 

秀政には、いつも泣いているような顔つきをした家臣がいた。

涙が漏れ眉をひそめているので周りの者たちが嫌がって言った。

 

「あの男の顔は不吉で見るに耐えられません。

他家からも笑いものにされていることですし、

早く暇を出してはいかがでしょう」

 

しかし、秀政はこう答えた。

 

「お前たちの言うことももっともだ。

しかし、法事や葬儀の使者として遣わすには

あの男以上の適任者はいないと思わんか。

大名の家にはさまざまな家臣がいても

いいのではないか」

 

あんなやつは使えない。

上に立つリーダーが周りに

平気で公言することがあります。

 

それはリーダーが無能であることを

自ら示していないでしょうか。

 

秀政も思いやりだけで

言った訳ではないでしょう。

 

組織、チームにはさまざまな人材が

必要なことは確かです。

 

一面だけを見て使えないと判断せず

適所を見つけることも

リーダーの役目ですよね。

 

秀政に訴えた家臣の表情とは違い

にこやかに答える秀政のイメージが

浮かぶ逸話だと思うのですが

いかがでしょうか。